ハーブを使う料理

ハーブは鑑賞用に使われるものだけではなく、料理に使うこともできます。
ハーブは香りが強いものもあり、料理に加えることによって味にアクセントをつけることができます。

ハーブを料理に使う主な理由としては、風味をアップさせること、彩りを良くする、食欲増進、消臭作用、そして薬効などが期待できるからです。
使うハーブの特徴をしっかりと捉えて利用することによって様々な料理に利用することができます。

大体の料理の場合は生のハーブを使うことがおすすめされるのですが、ドライの物をどうしても使いたいのであれば、生のハーブの量よりも3分の1くらいに減らして使うようにすることをおすすめします。

ハーブを使った料理としては、例えばハーブパンナコッタ、それにバジルうどんなどが簡単で作りやすいのではないでしょうか。
ハーブパンナコッタの場合、パンナコッタを作り、その上にハーブを添えるだけで完成です。
これだけでも香りが付きますし、食べたときの風味もアップするでしょう。
バジルうどんの場合は、バジルを使ったうどんで、とてもあっさりとしていながら、ハーブの風味も同時に味わうことができる料理です。

このサイトでは、この2つの料理の作り方についての紹介をします。

ハーブには様々な利用法がありますが、こうした簡単で手軽にできる料理を覚えておくと、いざと言うときに役に立つのではないかと思います。
ぜひとも参考にして一度作ってみて欲しいと思います。

Copyright © 2014 ハーブでできる料理のレシピまとめました! All Rights Reserved.